上尾中央医療専門学校

資料請求  イベント申込


3つのポリシー



カリキュラムポリシー
(理学療法学科)



1.1年次においては、基礎分野、専門基礎分野の科目を中心に配置している。基礎分野の前期科目に基礎学習論を配置し、基本的な学習方法の習得とともに自ら学ぶ力を育成する。専門基礎分野においては、理学療法士としての根幹をなす、基礎医学ならびに臨床医学の科目を中心に配置している。特に基礎医学の解剖学、生理学、運動学に関しては時間数とともに内容の充実を図っている。専門分野の通年科目である理学療法概論にて、理学療法プロセスの学習とともに、症例を基盤とした学習を実施し、各科目の知識をプロセスの中で繋がりをもって活用できる思考力を育成する。
実習については、入学直後に3日間の理学療法概論実習、前期の後半に5日間のケアクラークシップを配置している。また、科目とは別に後期の後半に3日間の進級準備特別実習(クリニカルクラークシップ)を実施している。


2.2年次においては、専門基礎分野、専門分野の科目を中心に配置している。専門基礎分野の前期科目に基礎臨床医学を配置し、臨床医学で学ぶ疾患のなかでも特に理学療法士として関わることの多い疾患の病態を理学療法と関連させて学ぶ。また、前期科目に予防理学療法学を配置し、介護予防、疾病予防、健康増進等における理学療法士としての役割およびその方法論を学ぶ。専門分野の前期科目に主に理学療法評価、治療に関する科目を配置し、理学療法実施に必要な知識、技術、思考力を育成する。また、通年科目に系統別理学療法学(骨関節障害・神経障害・内部障害)を配置し、各疾患に対する評価、治療を学ぶとともに、症例を基盤とした学習にて統合的に知識、技術、思考力を育成する。また、通年科目に地域理学療法学を配置し、地域・在宅における理学療法、地域包括ケアシステム、多職種連携、社会資源の活用等について学ぶ。
実習については、前期の後半に2週間のクリニカルクラークシップ、後期の後半に2週間の臨床実習Ⅰ(検査測定実習)、その後4週間の臨床実習Ⅱ(評価実習)を配置している。


3.3年次においては、専門分野の科目を中心に配置している。専門分野の前期科目に理学療法教育論を配置し、理学療法士としての後進の育成、実習における学生教育、職場における職員教育等に関する、教育の理論、方法を学ぶ。基礎分野の前期科目に統計学、専門科目の通年科目に理学療法研究法を配置し、基本的な統計の手法ならびに研究の意義、方法を学ぶ。また、科目とは別に国家試験対策を通年で実施している。
実習については、前期に8週間の臨床実習Ⅲ(治療実習)、後期に8週間の臨床実習Ⅳ(治療実習)を配置し、ある程度の助言指導のもと基本的な理学療法が実施できることを実習の目標としている。
最終学年として、国家試験合格を目標とするとともに、理学療法士として必要となる臨床、教育、研究の力を総合的に育成し、患者様、利用者様に必要とされる理学療法士を育成する。





 資料請求
 イベント申込
 TOPに戻る
AGEO CENTRAL MEDICAL COLLEGE.
All Rights Reserved.
048-778-3232